ジムの後の食事で運動効果やダイエット効果を高める方法!!


326554

ジムで一生懸命汗を流した後は、ごはんを思いっきり食べたくなりますよね。

しかし運動後にはどんな食事を摂るのがベストなのでしょうか。

今回はジムの後の食事で運動効果やダイエット効果を高める方法について紹介していきます。

《スポンサーリンク》

ジムでの運動メニューによって食事内容は変わる

ジムでどのような運動を行っているかによって、体の状態は異なります。

そのため、ジムに通っている人でもどんな運動メニューをこなしているかによって食事内容を変更する必要があります。

ランニングや水泳などの有酸素運動を中心に運動されている方は、エネルギーを多く消費しています。

そのため血液中に不足している糖質を優先的に補うことが大切です。

一方、ウエイトトレーニングなどの筋力トレーニングを中心に運動されている方は、鍛えた部分の筋肉細胞が損傷している状態になります。

運動後に損傷した筋肉細胞は徐々に回復していきますが、回復力をより高めるために積極的にタンパク質を摂るようにしましょう。

ジムでの運動直後の食事

運動直後の体は、血液が筋肉へ集中しているため内臓や胃腸の働きが鈍くなっています。

そのため運動後30分以内に食べ物を口に入れる場合は、消化吸収が良く栄養価の高いものを選ぶようにしましょう。

具体的には以下のようなものになります。

・梅干し、お酢、レモンなどのフルーツ
クエン酸が含まれる食品を摂取することで、運動時に溜まった乳酸によって酸性に傾いた血液をアルカリ性に戻すことができるため疲労回復を早めることができます。

・梅干し、お酢、レモンなどのフルーツ
クエン酸が含まれる食品を摂取することで、運動時に溜まった乳酸によって酸性に傾いた血液をアルカリ性に戻すことができるため疲労回復を早めることができます。

・プロテイン
プロテインを飲むことで、タンパク質を効率的に摂取することができます。体への吸収もスムーズで手軽にタンパク質を取り込むことができます。

・アーモンド、ピーナッツ、納豆、ピスタチオ、油揚げなど
植物性タンパク質を積極的に摂取していきましょう。植物性タンパク質は豆類に多く含まれていますが、海藻類やほうれん草、かぼちゃなど様々な食品に含まれています。

《スポンサーリンク》

ジムでの運動後30分過ぎ〜2時間以内の食事

運動後30分過ぎからは、筋肉の回復力を高めることを目的に食事を摂っていきましょう。

運動をした後食事を口にせずにいた場合、作り上げた筋肉は2時間でエネルギーに変えられてしまうそうです。そのため運動の効果を高めるためにも2時間以内に食事を済ませるようにしましょう。

そして食事をする際は、タンパク質や糖質を第一として、ビタミンやミネラルなども多く含んだものを選んでいきましょう。

・タンパク質が含まれる食材
肉、魚、卵、豆類などに含まれています。

・糖質が含まれる食材
糖質は炭水化物になります。そのため米や麺、パン、もちなど主食となる食品を摂取していきましょう。

ダイエットをしている人も運動後食事を摂りましょう!

ダイエットを目的にジムで運動している人も、必ず運動後に必要な栄養素を摂取していきましょう。

食事を抜くことによって一時的に体重を抑えることができます。

しかし、長期的に細くて美しい体をキープするためには筋肉がある体を目指す必要があります。

ジムで鍛えた後体に必要な栄養素が含まれる食事を摂ることで、ジムの運動効果を高めることができます。

その結果、筋肉があるリバンドをしないスリムな体を手にいれることができるのです。

さいごに

ジムでの運動の後は、糖質やタンパク質を積極的に補っていきましょう。

そして運動後は食事を摂る時間にも配慮していきましょう。

運動後2時間以内に食事を済ませる、30分以内は消化器官の働きが鈍いため消化吸収の良いものを取り入れましょう。

ダイエットをしている人も運動後は食事を摂る方がスリムな体への近道なのだと理解して、必ず体に必要な食べ物を口にするようにしましょう。

この記事がみなさんのお役に立てたなら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    ジムの後の食事で運動効果やダイエット効果を高める方法!!

このページの先頭へ