レーザートーニングの副作用についてまとめてみました!


2019

美容皮膚科でシミの相談をすると、レーザートーニングを勧められることがあると思います。

繰り返しレーザーを当てることで、シミが薄くなっていくと言われていますが、一体どんな副作用があるのでしょうか。

今回はレーザートーニングの副作用について紹介していきます!

《スポンサーリンク》

そもそもレーザートーニングとは?

レーザートーニングとは、微弱のレーザーを肌に照射することで、シミや肝斑、色素沈着などを改善していく治療法です。

1〜2週間の間隔を置きながら、4、5回治療を受けることで、改善が見られると言われています。

ダウンタイムもなく、治療後すぐに化粧をすることができます。

料金は病院によって異なりますが、1回1〜2万円が相場となっています。

レーザートーニングの副作用について

レーザートーニングはシミを薄くする効果がありますが、副作用が出る場合もあります。

レーザートーニングをこれから受けよう!と検討されている方は、以下の副作用があることを知っておきましょう。

・赤み
施術後に、レーザーを当てた部分が赤くなる場合があります。赤みは時間の経過と共に治まっていきますが、どうしても気になる人は化粧でカバーすると良いでしょう。

・かゆみ
チクチクとした”かゆみ”が起こることもあります。かゆみも赤み同様に徐々に治まっていきます。

・乾燥
レーザートーニングを受けた肌は、いつも以上に乾燥します。そのため、いつものスキンケアよりも保湿を入念に行い、乾燥を防ぎましょう。

・ニキビ、吹き出物
レーザーの刺激によって、ニキビや吹き出物が出ることがあります。ニキビ肌の方に起こりやすい副作用になりますが、一週間ほどで治るようです。

《スポンサーリンク》

まとめ

レーザートーニングは、シミや肝斑を薄くする作用がありますが、治療を受けるにあたって副作用が出る場合があります。

病院によっては、レーザーの治療と共に内服薬(ビタミンCやトランサミン)が出されることもあるようです。

それらの内服薬を併用することで、副作用のリスクを抑えることができます。

シミや肝斑、そばかすなどで悩まれている方はこれらの副作用を考慮しつつ、レーザートーニングに挑んでみてくださいね。

この記事がみなさんのお役に立てたのなら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    レーザートーニングの副作用についてまとめてみました!

このページの先頭へ