黒砂糖の肌効果を調べてみました【食べてよし塗ってよしの美容食材】


530

みなさんは黒砂糖(黒糖)を手に取る機会はありますか?

黒砂糖には美容に良い成分がいっぱい含まれているそうです♡

食べても肌に塗っても良いそうで、美容家の方たちの中には黒砂糖で天然のパックを作る方もいるそうです。

今回はマルチに使える美容食材『黒砂糖』について調べてみました!

《スポンサーリンク》

黒砂糖の肌への効果

・アトピー性皮膚炎などのアレルギーの改善

黒砂糖に含まれているラフィノース(天然のオリゴ糖)には、体の免疫力を高める効果があるためアレルギーに対抗する力を備えることができます。

・乾燥を防いで肌に潤いを与えてくれる

黒砂糖にはミネラルやビタミンが豊富に含まれているため、肌の潤いをしっかりとキープしてくれます。

・シミやシワなどを予防してくれる

ミネラルには抗酸化作用が含まれているため、肌の老化を遅らす働きがあります。

・肌を白くしてくれる

黒砂糖に含まれる黒糖オリゴはメラニンを生成する酵素を阻害してくれるため、シミやソバカス、色素沈着にも良いそうです。

黒砂糖を食べる

・お菓子としてそのまま食べる

固形のものであればコーヒーのお供として食べても良いでしょう。

・パンに塗って食べる

粉末状になっているものならば食パンなどに塗って食べても美味しいです。

(固形のものも砕いて粉々にすると、上手にパンにのせられます)

・料理に使う

煮物やお菓子作りをするときに使っても良いでしょう。

普通の砂糖よりも栄養価が高いことはもちろん、コクが出て美味しいそうです。

《スポンサーリンク》

黒砂糖を肌に塗る

・黒砂糖+ハチミツでスクラブパック

黒砂糖にハチミツを混ぜて、鼻の上など毛穴の汚れが気になるとこに塗ってクルクルと優しくマッサージしていきます。

そして5分ほど放置したら、水で洗い流しましょう。

・黒砂糖+水でカンタンパック

シミが気になる方や美白をしたい方にオススメのパックです。

黒砂糖と水を1対1の割合で鍋に入れ、弱火でとろみがでるまで煮込みます。

そしてそれを冷まして、肌の上にのせ5分ほど置いたあと、水で流しましょう。

※電子レンジでチンしても良いです。

※水の代わりに泡盛や日本酒で行っても良いそうです。

黒砂糖を買うときの注意点

黒砂糖と黒糖のどっちを買えば良いの?と思う方もいると思います。

しかし、黒砂糖と黒糖は呼び方が違うだけで全く同じものなので、どちらを買っても構いません。

そして黒砂糖を買うときは、必ず原材料を確認しましょう。

黒砂糖の中には黒砂糖(さとうきび)100%のものもあれば、黒砂糖のほかにショ糖や糖蜜などが含まれているものもあります。

黒砂糖の美容効果を最大限にするためにも、黒砂糖(さとうきび)100%のものを選びましょう。

※楽天市場ではこちらより黒砂糖100%の黒砂糖を購入できます↓

さいごに

黒砂糖は、乾燥が気になる冬にも最適な食材です。

家にストックしておくことで、食べるだけでなく美肌パックとしても活用することができます。

黒砂糖の原材料であるサトウキビには、ミネラルのほかにもビタミン、マグネシウム、カルシウムなどもたっぷりと含まれています。

ぜひ黒砂糖を上手に使って、美肌を保ってくださいね^^

この記事がみなさんのお役に立てたなら嬉しいです♡

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    黒砂糖の肌効果を調べてみました【食べてよし塗ってよしの美容食材】

このページの先頭へ