背中のニキビの保険治療と保険外治療について


92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_s
背中のニキビに悩まされている人は、男女関係なく多いのではないでしょうか。

一度できてしまったらなかなか治りにくく、しばらく放っておいたら色素沈着してしまったという方もいらっしゃると思います。

シミになる前の早めの治療が望ましい背中ニキビ。

今回は背中ニキビの保険治療、保険外治療について紹介します。

《スポンサーリンク》

背中ニキビの自宅での改善方法

普段の生活を見直すことによって病院にかかることなく背中ニキビを改善することも可能です。

背中にできるニキビも根本はアクネ菌の増殖と毛穴の詰まりが原因になります。この二つを引き起こす問題を解決することによって、背中のニキビを治すことができます。

では、背中のニキビを治すためにできる自宅での改善方法をみていきましょう。

・シャンプー後に背中をしっかり洗い流す
シャンプーやリンスの洗い残しが背中に残っていると、その成分が毛穴を詰まらせ背中ニキビを引き起こします。シャンプーの洗浄成分は肌に留まりやすいという特徴があるため、洗い流したと思っていてもきちんと落としきれていないケースがあります。シャンプーを背中に残さないために、シャンプーを湯シャンに切り替える、髪を洗った後に身体を洗うなどの工夫をしても良いでしょう。

・背中の保湿をする
乾燥が原因で背中ニキビができることがあります。冬によくニキビができやすい人は肌の乾燥を疑ってみてください。肌が乾燥すると角質が硬くなり毛穴が細くなってしまうため皮脂がつまりやすくなります。お風呂から上がったらワセリンやニベアなどの保湿クリームで背中をしっかり保湿してください。保湿することで肌が柔らかくなり皮脂がスムーズに毛穴から排出されるようになります。

・ストレスを発散する
ストレスを感じると活性酸素が増え、皮脂が過剰に分泌されるようになります。背中は身体の中でも皮脂腺が多い部位のため、皮脂の分泌が増えるとダイレクトに影響を受けてしまいます。ランニングなどの運動をしたりプライベートを充実させるなど生活の中でストレスを発散させることが大切です。

・食生活を見直す
脂っこい食事や甘いもの、辛いものなどは皮脂の分泌を促します。そのためそのような食事が多い人は皮脂の分泌が盛んに行われてしまうため、背中ニキビができやすい環境にあります。極力食べるものをコントロールして、ニキビに良いビタミンA、B2、C、Eを含んだ食事を積極的に摂取するようにしましょう。

・寝具を清潔にする
人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。そのため特に仰向けで寝ている人は背中に一番汗をかくため、雑菌が繁殖して背中ニキビを引き起こしている可能性があります。シーツは毎日交換するのが理想ですが、最低でも週に1回交換して清潔な状態を保ちましょう。背中ニキビがひどい場合は、背中のあたる部分にタオルを敷き、毎日交換すると良いでしょう。

《スポンサーリンク》

背中ニキビの保険治療

自宅でできるニキビ対策を行っても改善されない場合、皮膚科にかかりましょう。

皮膚科での一般的な背中ニキビの治療方法は、以下の3つになります。

・漢方薬
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、桂枝茯苓丸加よく苡仁(けいふくりょうがんよくいにん)などの漢方が処方されるケースが多いようです。

・抗生物質やビタミン剤などの飲み薬
ミノマイシンなどの抗生物質やビタミンCなどのビタミン剤により原因菌の繁殖を抑えます。

・軟膏などの塗り薬
ハイドロキノンやダラシン、イオウカンフルローションなどの塗り薬を患部に塗ることで炎症を抑えます。

背中ニキビの保険外治療

保険治療を施してみても、背中ニキビが改善されない又は色素沈着してしまったニキビ跡を改善したい場合は保険外治療を試してみても良いでしょう。

保険外治療の場合、皮膚科、美容皮膚科、整形外科にかかることになると思います。治療方法は様々ですが、代表的な背中ニキビの保険外治療について紹介します。

・レーザー治療
レーザー光を肌に当てることにより、体内の水分が反応し熱エネルギーに変化します。その熱エネルギーは皮膚組織に作用することで背中ニキビを改善する治療法です。回数を重ねることでその効果を実感できますが、5〜6回ほどレーザー治療を受けると効果を感じることができるようです。

・ケミカルピーリング
フルーツ酸などのピーリング剤を塗ることで表面の古い角質を剥がして、ターンオーバーを正常な状態に戻していきます。ピーリングをすると肌の潤いを保っている角質層も剥がすことになるので、乾燥や日焼けを起こしやすくなります。そのためピーリング後は紫外線に気をつけて保湿をしっかり行うようにしてください。

・イオン導入
背中に微弱な電流を流し、ビタミンCなどの成分を肌の奥まで浸透させる方法です。一週間に一度のペースで行うのが望ましく、3〜4回くらい繰り返すことで徐々に改善されていきます。ピーリングと併用することで浸透率が高まるため、ピーリングとイオン導入を一緒に行うとより効果が実感できるでしょう。

さいごに

背中ニキビを早く治したい方は、保険外治療を視野に入れているかもしれません。

しかし、背中ニキビを治すには、病院にかかるだけでなく自力で治す方法もあります。

『Miss Beautiful』のライターmomoちゃんが、『背中ニキビを全滅させる必勝マニュアル』をまとめてくれています。

momoちゃんが背中ニキビを治すために行った全ての対策が紹介されていますので、『何が何でも背中ニキビを治したい!』という志が高い人はぜひ読んでみてください。

この記事がみなさんのお役に立てたなら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    背中のニキビの保険治療と保険外治療について

このページの先頭へ