乾燥肌の対策にお風呂の入り方を見直そう!肌を乾燥させないお風呂の入り方とは?


fffccc47217fe5fe261c5bb3ef933fcd_s

極度の乾燥肌の人にとって乾燥対策は必須ですよね。

保湿クリームを塗っても時間が経てば乾燥して肌がカピカピになっていたり。

クリームの種類を替えても一向に乾燥肌が改善されない!という人はお風呂の入り方が間違っている可能性があります。

そこで今回は乾燥肌の人にとってベストなお風呂の入り方について調べてみました。

《スポンサーリンク》

乾燥肌の対策その1:お風呂の温度

寒い季節になるとどうしても熱いお風呂に浸かりたいですよね。でも肌にとってお風呂の温度が高すぎるのはよくないんです。

肌にとって最適な温度は、38〜39度のぬるめの温度です。

お湯を沸かすときはもちろん、シャワーで体を洗うときもこの位の温度で流すようにしましょう。

皮膚には細胞と細胞の間を繋ぐ保湿成分としてセラミドが存在します。セラミドは脂質の一種なので42度以上のお湯に浸かると溶けてしまいます。そのため熱いお湯に入ると肌に必要な皮脂まで奪われてしまうため、肌が乾燥してしまいます。

冷え性の人などは熱いお湯に入りたくなるでしょうが、肌のことを思って極力ぬるめの温度で入るようにしましょう。

乾燥肌の対策その2:お風呂に浸かる時間

お風呂の中でスマホをいじったり、DVDを観て楽しんでいる人もいますよね。そうするといつの間にか1時間もお風呂に入ってるということもあるんじゃないでしょうか。

でも乾燥肌の人にとっては、長風呂は禁物です。お風呂に浸かる時間は10〜20分程度に抑えましょう。

長時間の入浴は肌に水分を保持してくれている脂質やNMP(天然保湿因子)を肌から奪ってしまうため、乾燥を招きます。

《スポンサーリンク》

乾燥肌の対策その3:体の洗い方

体をキレイにしたいからとゴシゴシ体を洗ってしまうのもよくありません。

体を洗うときは石鹸やボディーソープを泡立てて、泡で包むように優しく洗いましょう。顔を洗うときに泡で洗いましょうとよく言われますが、体も同じように洗ってあげてください。

また、できればボディーソープなども使わずお湯だけで体を洗うのが肌にとっては望ましいでしょう。本来お湯だけでも体の汚れは十分落とすことができます。ボディーソープなどには強力な界面活性剤が含まれているため肌に必要な脂質や保湿成分まで洗い流してしまうことになるのです。

しかしいきなりお湯だけで洗う生活に切り替えるのは難しいと思いますので、ボディーソープを使うのを二日に一回にするなど頻度を調整してみてください。

乾燥肌対策その4:お風呂から出たら即保湿!

お風呂から上がった肌は皮脂が不足している状態なので、そのまま放っておくと水分が蒸発されてどんどん肌が乾燥していきます。

そのためお風呂から上がったらすぐに保湿しましょう。

もちろんタオルで体を拭くときは、肌を傷つけないように柔らかいタオルで軽く押し当てるように拭いていきましょう。

濡れたままの状態でいると、余計にお肌は乾燥していきます。そのため素早くタオルで拭いて保湿クリームなどで保湿してください。

保湿ケアにはワセリンがオススメです。ワセリンは角質層を傷つけることなく皮膚の水分を閉じ込めてくれるので、肌荒れなども起こしにくく肌が弱い人にも安心です。

まとめ

お風呂に入るときに乾燥から肌を守るためには、肌を傷つけないこと、そして肌から脂質や保湿成分を奪わないことが大切です。

体を洗ったり、タオルで体を拭く際もついつい力を入れてしまいがちですが、肌を想ってやさしく扱ってあげましょう。

また肌に必要な水分まで落としてしまわないように、入浴時間や温度、石鹸を使う頻度を見直していきましょう。

みなさんそれぞれの肌に合ったやり方があると思うので、肌の状態を確認しながらこの方法を取り入れてみてくださいね^^

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    乾燥肌の対策にお風呂の入り方を見直そう!肌を乾燥させないお風呂の入り方とは?

このページの先頭へ