紫外線散乱剤のメリットとデメリット


0242

日焼け止めの成分として含まれている紫外線散乱剤。

紫外線吸収剤は有機化合物で肌へのダメージが大きいから、紫外線散乱剤だけを使用した日焼け止めを使いたい!という方も多いと思います。

しかし紫外線散乱剤にも良い点があれば悪い点もあります。紫外線散乱剤の正しい知識を身につけて日焼け止めを選ぶ際の参考にしてみてください。

という訳で今回は紫外線散乱剤のメリットとデメリットについての記事です!

《スポンサーリンク》

紫外線散乱剤のメリットとは?

紫外線散乱剤は粒子によって紫外線を反射、散乱させて紫外線から肌を守る成分です。

ファンデーションやフェイスパウダーなどにも使用される成分で、具体的には二酸化チタンや酸化亜鉛が使われることが多いようです。

紫外線散乱剤は紫外線吸収剤のように肌の上で科学反応を起こす有機化合物ではないため、紫外線散乱剤自体が肌にダメージを与えることはありません。

紫外線散乱剤は肌の上でベールとなって紫外線の光を反射させて、肌を紫外線から守ります。

そのため肌が弱い方でも紫外線吸収剤に比べ炎症を起こしにくい成分であるといえます。

また、SP値やPA値に関わらず紫外線散乱剤が日焼け止めのベースとして含まれているように、紫外線散乱剤は紫外線の種類を選ばずUVーA波とUVーB波の両方を防止することができます。

つまり紫外線散乱剤は肌にダメージを与えることなく紫外線を隈無くブロックしてくれるという点に優れているのです。

《スポンサーリンク》

紫外線散乱剤のデメリットとは?

紫外線散乱剤の原料である二酸化チタンや酸化亜鉛は、ファンデーションなどの粉もの化粧品の白い色材(白色顔料)でもあります。

そのためどうしても紫外線散乱剤は白浮きしてしまうというデメリットがあります。

また、塗ったときの滑らかさも紫外線吸収剤と比べると少々劣るため、紫外線吸収剤入りのものよりも肌に塗りづらい印象を受けるかもしれません。

さいごに

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤は、日焼け止めの成分としてしばし比較されるものですが、どちらにも一長一短あります。

日焼けから徹底的に肌を守りたい!日焼け止めで白浮きしたくない!という方は紫外線吸収剤入りのものを、日焼け止めで肌を痛めたくない!という方は紫外線散乱剤のみ含まれた日焼け止めをご使用になると良いかもしれません。

みなさんのお肌が美しく保たれることを祈っています^^

最後までお読みいただきありがとうございました!

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    紫外線散乱剤のメリットとデメリット

このページの先頭へ