椿油で髪をパックする方法【健康な頭皮としっとりしたツヤ髪を作ろう!】


5308

『TUBAKI』というシャンプーがあるように、ツバキのお花から採れる植物油は髪に良い効能を持っているそうです。

そんな椿油はトリートメントとしての使用はもちろんですが、頭皮のマッサージオイルやヘアパックとしても使用することができるようです。

そこで今回は椿油で髪パックをする方法について紹介していきますー!

《スポンサーリンク》

椿油はどんな油?

 

 

椿油はヤブツバキという名の植物から採れる植物油です。

ヤブツバキは日本固有の品種であり、椿油の歴史は平安時代が始まりだと言われています。

椿油は植物油の中でもオレイン酸の含有量が最も多く85%を占めています。

オレイン酸は人の肌にも含まれている皮脂であり、肌の皮脂の40%がオレイン酸になります。

そのため椿油の肌への浸透力や馴染みが非常に良いとされているのです。

また、椿油に含まれるサポニンには殺菌効果もあるので頭皮の臭いを防ぎ、カビやダニから髪を守ってくれます。

椿油で頭皮をケアしよう!

椿油で頭皮をマッサージすることで、頭皮に椿油を浸透させ頭皮を清潔に保つことができます。

頭皮のケアは週に1回行うとベストです。

【椿油の頭皮ケア】

:髪が乾いた状態で頭皮に椿油をつける

:指の腹を使って頭皮全体にマッサージしながら馴染ませる

:5〜10分放置する

:ぬるま湯ですすいで、シャンブーで髪を二度洗いする

※オレイン酸は育毛に必要なインスリン様成長因子(IGF-1)を増やす効果もあるため、頭皮の乾燥を防ぐだけでなく育毛効果も期待できます。

《スポンサーリンク》

椿油のヘアパックでツヤ髪を作ろう!

髪のパサつきが気になる人は、椿油でヘアパックをしましょう。

このヘアパックは月に2、3回程度行うと良いでしょう。

【椿油のヘアパック】

:乾いた髪に椿油を馴染ませる

:蒸しタオルで髪を包み込む

:10〜20分放置する

:ぬるま湯ですすいで、シャンプーで二度洗いする

※蒸しタオルの作り方→濡らしたタオルを軽く絞って電子レンジで1分ほどチンします。

※椿油には紫外線のUV-B波を跳ね返すため、髪のパサつきを抑えるだけでなく紫外線からも髪を守ってくれます。

さいごに

椿油は、ダメージを受けた頭皮や髪を補修してくれる働きがあります。

椿油パックをすることで紫外線から髪を守ることができるため、夏のシーズンや日差しの強いところへ出かける前にパックをすると良いかもしれません。

また、椿油で頭皮マッサージをしたことで『なんだか髪がフサフサになったな〜』と感じる人も多いようで、髪の育毛効果にも期待できます。

ぜひ普段の髪のケアに椿油を取り入れてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    椿油で髪をパックする方法【健康な頭皮としっとりしたツヤ髪を作ろう!】

このページの先頭へ