バルミチン酸レチノールとは?【シワやシミに効果的な美容成分】


化粧品や美容液の成分としてしばし登場する”バルミチン酸レチノール”。

美容女子にとっては、成分についての情報も詳しく知っておきたい人が多いと思います。

そこで今回は『バルミチン酸レチノールについて』まとめてみました。

成分などは知識として蓄えておくと、化粧品選びが上手になるのでぜひみなさん一読下さいね。

《スポンサーリンク》

バルミチン酸レチノールとは?

バルミチン酸レチノールは、ビタミンA(別名:修復のビタミン)の一種になります。

ビタミンAの中では最も刺激が少なく、成分として安定性があるのが特徴です。

そのため万能に使える成分として、クリームや美容液など様々な化粧品に活用されています。

バルミチン酸レチノールの作用で最も優れているものは、肌の修復効果です。

表皮(肌の一番表面に近い層)の細胞を活性化し、皮膚を保護してくれる働きがあるビタミンとして覚えておくと良いかもしれません。

バルミチン酸レチノールの効果について

  • アンチエイジング
  • 目元のしわ
  • 口元のたるみ
  • シミ
  • ニキビ
  • 日焼け
  • 乾燥肌

バルミチン酸レチノールは万能性のあるビタミンであるため、以上のように様々な肌トラブルを解消することができます。

またコラーゲンとも相性が良いので、角質層まで働きかけ肌のハリや弾力、特に目元や口元のたるみを予防してくれます。

アンチエイジング効果が非常に高いので、肌のキメを整え、つややかで若々しい肌を実現してくれます。

バルミチン酸レチノール配合の化粧品の選び方

バルミチン酸レチノールは、水ではなく油に溶けるという特徴があります。

そのため単にバルミチン酸レチノールが入っているものではなく、クリームなどの油性の化粧品を選ぶようにしましょう。

油性の化粧品の中で少しでも多くのバルミチン酸レチノールが配合されているものを選ぶことで、高いアンチエイジング効果を得ることができるでしょう。

また、バルミチン酸レチノールが含まれている化粧品を使った人の中には、レチノイド反応と呼ばれる症状が出ることがあります。

化粧品を使った後に肌がカサつく、赤くなる、ほてる、かゆみを感じるなどの症状が出たらレチノイド反応のサインです。

しかし、レチノイド反応はアレルギーなどの症状ではないので安心して下さい。

ビタミンAが不足している肌に急激にビタミンAが補給されると、肌の新陳代謝が促されてこのような症状が起こります。

血行が良くなると肌が痒くなることがありますね。それと同様の現象になります。

そのため通常は、使用量を減らしたり、使用回数を減らしたりしながら使い続けているとビタミンA不足が解消されて、レチノイド反応は治まります。

しかし症状が重かったり、なかなか症状が改善されない場合は、すぐに使用を中止して皮膚科で診てもらいましょう。特に敏感肌の人は、美容皮膚科に相談することをおすすめします。

《スポンサーリンク》

さいごに

バルミチン酸レチノールはコラーゲンの働きを促し(うながし)、優れたアンチエイジング効果を持つ美容成分です。

バルミチン酸レチノールはすでにダメージを受けてしまった肌に使うよりも、未来の肌への老化予防として活用されると良いでしょう。

この記事がキレイを作るみなさんに届くことを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    バルミチン酸レチノールとは?【シワやシミに効果的な美容成分】

このページの先頭へ