日焼け止めの使用期限!未開封と開封後の日焼け止めはいつまで使えるの?


5f9a0c47d87f865b1bc83ff85001a314_s

去年使っていた日焼け止めが残っているんだけど、今年使えるかな?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

海に行くときに買ったUV効果の高い日焼け止めがまだ残っている!という人は結構いると思います。

でも紫外線をブロックする効果などが弱まっていたりしていたら心配ですよね。

そこで今回は日焼け止めの使用期限!未開封と開封後の日焼け止めはいつまで使えるのか調べてみました。

未開封の日焼け止めの使用期限は?

日焼け止めのパッケージをみても、使用期限は記載されていませんよね。

薬事法により3年以内に品質が変化せず使用上問題がない場合、使用期限の記載は義務付けられていません。

そのため、日焼け止めは3年間は品質の保障があるということです。

つまり未開封の日焼け止めの使用期限は3年になります。

開封後の日焼け止めの使用期限は?

では一度開封してしまった日焼け止めはいつまで使えるのでしょうか。

日焼け止めの保存状態にもよりますが、基本的に一度開封したものは1年で使い切るのが理想とされています。夏に開けてしまった日焼け止めは翌年に繰り越さす、その年の冬くらいまでに使い切ってしまうと良いでしょう。

日焼け止めは防腐剤が含まれていますが、乳液をベースにしているので空気に触れると酸化しやすい傾向にあります。

もし去年の日焼け止めを開けてみて、口の部分に黄色く変色した日焼け止めが固まっていたら酸化している証拠です。また、変な臭いがしたり中身が分離していたら変質している可能性があるので使用を取りやめましょう。

一年前の日焼け止めを開けてみて、まだ使えそうであっても日焼け止めの効果は弱まっていたら困りますよね。

でも安心してください。
一年前の日焼け止めであっても日焼け止めの効果自体は変わらないそうです。

種類別の日焼け止めの使用期限

日焼け止めの種類によって使用期限は前後します。それぞれの種類ごとに確認しておきましょう。

・乳液、ジェルタイプ
未開封のものは3年、開封後のものは1年。

・スプレータイプ
アルミの容器に入った霧状に噴射するタイプの場合、使用期限は開封、未開封に関わらず3年。

・無添加タイプ
無添加タイプの日焼け止めは防腐剤を含んでいないものが多いです。そのため使用期限は短く、未開封で1年、開封後で6ヶ月。

また、無添加のものはメーカーごとに使用期限を設けているものもあるので、使用期限が記載されている場合はその指示に従いましょう。

使用期限を過ぎた日焼け止めを使うとどうなるの?

使用期限を過ぎた日焼け止めは、細菌の繁殖や酸化がかなり進行してる状態といえます。

そのため、肌がかぶれてしまったりにきびや吹き出物などの症状が出てしまう可能性があります。

また酸化が進んでしまったものを肌に塗ると老化の原因にもなります。老化は肌細胞の酸化によって起こりますので、それを助長する形になってしまうのです。

余っている日焼け止めを捨てるのはもったいないですが、お肌のためにも使用期限を守って使用するようにしましょう

まだまだ気になる使用期限

日焼け止め以外にも私たちが使うものには使用期限があります。肌や体のためにも使用期限を知っておくことは大切ですよね。

これまで調べた使用期限について紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね^^

リキッドファンデーション
フェイスマスク
シャンプー
歯磨き粉
香水
目薬

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    日焼け止めの使用期限!未開封と開封後の日焼け止めはいつまで使えるの?

このページの先頭へ