日焼け止めと下地は両方必要?順番はどっちが先?


356e072b9bfb6792a9b588867ae2f24d_s

日差しが温かくなってきたので、みなさん紫外線を気にされはじめている頃かと思います。

日焼け止めを下地として使っていたり、UV効果のある化粧下地を使っているから日焼け止めはつけてないという方もいるかと思います。

でも実際両方つけた方がいいのかなって思うことありますよね。

今回は日焼け止めと下地は両方必要なのか、そして両方塗る場合どちらを先につければ良いのか調べてみました。

《スポンサーリンク》

日焼け止めと化粧下地は両方必要?

まずはじめに日焼け止めと化粧下地の役割についてみていきましょう。

・日焼け止め
紫外線から肌を守る。シミやソバカスなどを作らないようにする。

・化粧下地
ファンデーションのノリをよくする。肌の表面を滑らかにして均一にみせる。

以上が両者の役目です。

つまり紫外線が予防できて化粧ノリをよくできればいいのです。

日焼け止めだけでもファンデーションがキレイに乗るという方は日焼け止めだけでも良いですし、UV効果が含まれている化粧下地を使っている方は化粧下地だけでも良いと思います。

しかし両方使うことによって、両者の効果を高めることもできるのです。

普段日焼け止めだけの人は化粧下地を重ねることで崩れにくくなったり、化粧下地だけの人は日焼け止めも塗ることでよりUV効果をあげることができるのです。

肌にシミができやすい人は、下地だけでなく日焼け止めも重ねた方が良いですし、日焼け止めで肌が荒れてしまうという人はUV効果のある化粧下地だけ又はパウダータイプの日焼け止めを重ねれば良いでしょう。

つまりそれぞれの肌に合った最適な選択をすれば良いのですね。

《スポンサーリンク》

日焼け止めと化粧下地の順番は?

日焼け止めと化粧下地をつける順番は、どっちが先でも大丈夫です。両方ともメリットとデメリットがありますので、比較してみて求める方を選択してみましょう。

・日焼け止め→化粧下地
日焼け止めを先に塗ってから化粧下地を付けた場合、化粧下地が上にあるのでファンデーションをキレイに乗せることができます。しかし日焼け止めが皮脂や汗で流れやすい、そして日焼け止めによる肌への負担が大きくなるというデメリットがあります。

・化粧下地→日焼け止め
化粧下地を先に塗ってから日焼け止めを付けた場合、肌への負担が緩和されUV効果が高まるというメリットがあります。しかし日焼け止めが上にありますので、化粧が上手く乗らなかったり顔が白っぽくなりやすいというデメリットがあります。

いずれにせよ後から付けたものの方が、その効果を発揮するということです。
化粧下地を後に塗ったらメイクの仕上がりがよくなり、日焼け止めを上に塗ったら紫外線をカットする効果が高まるのです。

化粧崩れやヨレ対策

どちらを先に塗るにせよデメリットがあることは避けられません。

そのため両方塗ることで起こる代表的な問題の解決方法を紹介します。

・顔が白くなる→日焼け止めを塗る分量を調整する

・化粧崩れやヨレ→下地と日焼け止めを混ぜてから顔につける

・日焼け止めによる肌荒れ→パウダータイプの日焼け止めに替えてみる

下地と日焼け止めの相性もあるのでメーカーを変えてみるのも一つの手だと思います。

色んな組み合わせを試してみて、紫外線対策がバッチリできて化粧もちゃんと乗るという状態を目指してみてくださいね^^

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    日焼け止めと下地は両方必要?順番はどっちが先?

このページの先頭へ