春の紫外線予防は大丈夫?これから気をつけたい紫外線対策!


a4f53e03f5baaf40fdd64f0cf740e959_s
日差しがだんだん暖かくなってくる季節。

春の到来は嬉しいものですが、やっぱり気になるのが紫外線。

これ以上シミやソバカスを増やさないためにも春の紫外線予防について知っておくことは損ではありません!

今回は春の紫外線の予防の仕方について調べてみました!

《スポンサーリンク》

紫外線予防はいつからはじめたほうがいいの?

紫外線というのは、一年中降り注いでいます。

一見夏など太陽がギラギラし出すと紫外線も同時に増えていくように思えますが、くもりの日にも十分紫外線はわたしたちの肌まで届いているものなのです。

そのため、紫外線予防は365日行った方が良いといえるでしょう。季節や天候によって紫外線が強い、弱いという差はありますが、紫外線が届いていることには変わりありません。

しかし一年の中でも春は紫外線量が急増する季節でもあります。そのためいつも以上にしっかりとした紫外線予防をすることが大切です。

夏が近づくにつれて紫外線を気にされる方が多いですが、実は春から紫外線は増えています。いつも夏前から紫外線予防をされている方は、ぜひ春前からはじめることをオススメします。

春の紫外線量はどのくらい?

紫外線の量は、季節や時間帯、天候やオゾンの量などによって変わってきます。しかし基本的に太陽の位置が最も高くなるときに紫外線量も増えると言われています。

一日の中では、太陽が低い位置にある朝や夕方よりも、太陽が高く上がるお昼の方が紫外線量は多いです。

また一年の中でも冬よりも夏の方が太陽は高い位置にあるため、夏の方が紫外線は多いのです。

では春の紫外線量はどの位あるのでしょうか?

3月の紫外線は8月の終わり頃と同等の紫外線があるとされています。

また4月、5月に至っては、7月、8月と同じ位の紫外線が放出されています。

そのため暖かいからと長時間外で過ごしてしまうと、夏同様の紫外線を浴びてしまうことになるのです。

《スポンサーリンク》

どんな予防をすればいいの?

春の紫外線予防には、UVカット対策とうるおい補給が大切です。

みなさんご存知の通り、紫外線は肌を通過するとメラニンを生成しシミやそばかすを作り出します。

また、肌の水分も一緒に奪ってしまうので乾燥も引き起こします。肌が乾燥してしまうと、肌荒れを起こしたり、肌弾力の低下にもつながります。

そのため紫外線はエイジングの最も大きな原因だと言われています。老化防止のためにも紫外線予防はしっかりと行っていきましょう。

まず紫外線予防の一つとして日焼け止め、日傘、手袋などを利用して、直接紫外線が肌に当たらないように気をつけてください。

また忘れがちなのが目から入る紫外線。目から入る紫外線もシミの生成を促してしまうため、外に出かける際はサングラスなども忘れずに着用しましょう。

そして一番油断しやすいのは、部屋の中です。紫外線は部屋の中にもおかまい無しに入ってきてしまいます。紫外線から肌を守るため家の中にいるときも日焼け止めを塗る習慣を付けておくことが大切です。

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    春の紫外線予防は大丈夫?これから気をつけたい紫外線対策!

このページの先頭へ