セルライトを潰すと音がする?セルライトの正しい潰し方とは


4213

太ももやお尻など脂肪が多いところにできてしまうセルライト。

体型に関わらずできてしまうセルライトはほとんどの女性にあると言われています。

セルライトをなくそうと一生懸命潰されている方もいると思いますが、中には”潰すときに音がする”という方もいるそうです。

そこで今回はセルライトを潰すと音がする?セルライトの正しい潰し方について紹介します!

《スポンサーリンク》

セルライトを潰すと音がするって本当!?

セルライトを潰すと”プチプチ”や”ブニュッブニュッ”という音がするという噂が蔓延しているようですが、実際は音はしません。

音がすると思い込んでいる方は揉んでも揉んでも音がしないのでセルライトが潰れていないのではないかと心配になるようですが、基本的にセルライトは潰しても音はしませんのでご安心ください。

セルライトはこちらの記事で紹介した通り老廃物の塊です。放っておくとどんどん肥大化してしまうため、すぐにでも対処することが大切です。

潰すようにして揉みほぐすのもセルライトを減らす一つの手段ですが、やり過ぎると内出血になったりアザができてしまうので注意しましょう。

セルライトの正しい潰し方とは

セルライトは潰すというより揉みほぐすイメージでマッサージしてあげることが大切です。マッサージオイルなどを使用し、心臓から遠い部分から順々にマッサージを行っていきましょう。

基本的に二の腕も太ももとセルライトを揉みほぐす方法は同じです。以下の流れに沿ってマッサージを行っていきましょう。

【二の腕のセルライトのほぐし方】

1:手の先から肩まで腕全体にオイルを塗ります
オイルの分量は手が十分に滑る程度つけていきましょう。

2:手の平と甲をまんべんなく指圧します。
指も一本一本つまんだり引っ張ったりしながら血流をスムーズにしていきましょう。

3:手首からひじまで流すように下から上へと20回さすります。
内側も外側も丁寧にさすっていきましょう。

4:ひじから肩まで同様に20回さすります。
内側も必ず脇の下までしっかりと下から上へさすりましょう。

5:腕全体を揉みほぐします。
特にセルライトがある部分は集中的に引っ張ったりつまんだりします。

6:手の先から肩まで10回さすります
内側も忘れずに脇の下までしっかりさすっていきましょう。

【太ももとお尻のセルライトのほぐし方】

1:足の先からお尻まで下半身全体にオイルを塗ります
オイルの分量は手がスムーズに滑る程度つけていきましょう。

2:足裏と足の甲を指圧します。
足全体を指の腹で押していきます。甲の方は骨に沿ってまんべんなく押し流します。

3:足首からひざまで流すように下から上へ20回さすります。
裏側もひざ裏まで丁寧にさすっていきましょう。

4:ひざから足の付け根まで同様に20回さすります。
さするときは必ずひざの方から付け根へ向かって行いましょう。

5:足全体を揉みほぐします。
つまんだり引っ張ったりセルライトあるところを集中的に行いましょう。

6:お尻全体を揉みほぐします。
指で押し流すようにまんべんなくほぐしていきましょう。

7:足先からお尻まで10回さすります。
表側だけではなく裏側もしっかりさすりましょう。

さいごに

セルライトはすぐに解消できるものではありません。

コツコツ毎日マッサージを繰り返すことで少しづつセルライトは減少していきます。

暖かくなってくると足や腕を出す機会が増えてくると思います。セルライトのない美しい肌でいられるよう努力していきましょう!

みなさん、最後までお読みいただきありがとうございました^^

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    セルライトを潰すと音がする?セルライトの正しい潰し方とは

このページの先頭へ