紫が好きな人の心理【紫が好きな人の特徴や性格について】


何色が好き?って聞かれたときに『私は紫(パープル)が好きー!』という女の子もいると思います。

ピンクやブルーに比べて少数派かもしれませんが、紫好きな人にはどんな心理が隠されているのでしょうか。

今回は『紫が好きな人の性格、そして特徴について』まとめてみました。

紫好きな人はぜひチェックしてみてくださいね。

《スポンサーリンク》

紫が好きな人の性格や特徴について

美意識が高い
美しいものを好み、野暮ったいものを嫌う傾向があります。美しいものに囲まれた生活を好み、ファッションセンスも高い傾向があります。

気品がある
気高い精神を持ち合わせている人が多く、気品のあるオーラを漂わせている方が多いです。

精神世界を好む
目に見えない世界を好み、スピリチュアルなものに対する関心も高い。またスピリチュアルな力を持ち合わせている人も多い。

繊細
紫を好む人は繊細な人が多く、傷つきやすい。人の気持ちを汲み取るのも上手だが、打たれ弱い一面も。

ミステリアス
自分の信念に従おうとするので、時には協調性がなかったり他人に理解されないことも。そのため他人からはミステリアスな印象を持たれることもあります。

一人行動が好き
他人とつるむよりも自分一人で行動することを好みます。他人と感性が合わない時にどうしても一人の方が気楽だと思う傾向があるようです。

プライドが高い
自分の感性に絶対的な自信があるので、自分の意見を曲げようとしません。その印象が他人からはプライドが高い人だと見られることもあります。

根っからの芸術家気質
芸術的感性はピカイチ。ファッション、インテリアを含めアートに関わる職種に適正があり、それらの職業につくと才能が開花する可能性があります。

紫が与える心理的効果

気持ちを落ち着かせリラックスさせてくれる
緊張や不安から人を解放し、落ち着いた気持ちを取り戻してくれる色。心がソワソワして落ち着かない時は紫を取り入れてみましょう。

インスピレーションを与えてくれる
感が冴えたり、思わぬアイディアが浮かぶことも。インスピレーションが欲しい時には紫の花や紫の絵などをじーっと見つめて見ましょう。

想像性を高めてくれる
クリエイティブな活動をする時にも紫は最適。紫によってイマジネーションを高め、芸術的な活動に取り組みましょう。

性的な気分を高めてくれる
紫は青と赤が混ざった色であり、男性性と女性性を併せ持つ色。そのため時に性的な気分、セクシーな雰囲気を出すのに良い色です。

《スポンサーリンク》

さいごに

紫色を好む人は、哲学者、宗教家、芸術家などに適正があります。スピリチュアルな世界やアートな世界に身を置いている人はもちろん、そうでない人もそのような活動を人生に取り入れてみてはいかがでしょうか。

自分の想像を超える素晴らしい取り組みができるかもしれません。

また紫を好む人は孤立しがちですが、自身の信念を貫くことで思わぬ才能が開花する可能性があります。他人に合わせるのが苦手、もっと協調性が欲しい人はグリーンを取り入れてみると良いかもしれません。

この記事がみなさんのお役に立てたのなら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    紫が好きな人の心理【紫が好きな人の特徴や性格について】

このページの先頭へ