日焼け止めのPAの意味とは?


9534

日焼け止めを買おうとすると目に留まるのがSPFとPA。

この意味がわからないままなんとなく日焼け止めを選ばれている方も多いと思います。

SPFについてはSPF30と50の違いについての記事をお読みください。

今回はPAの意味について紹介していきまーす!

《スポンサーリンク》

日焼け止めのPAの意味とは?

紫外線には肌を赤くさせるUVB波と肌を黒くさせるUVA波があります。

PAはProtection grade of UVAの略称の通り、UVA(紫外線A波)から肌を守る効果を示す目安になります。

UVA波は紫外線量にかかわらず一年中降り注ぎ、シミ、しわ、たるみなど老化を引き起こす原因になるため、老化を防ぐためにも日頃から日焼け止めなどでUVA波を防ぐことが大切です。

PAの値は+から++++の4段階あり、値が大きいほど紫外線防止効果が高いとされています。しかしPA値が高いほど肌への負担も大きくなります。

せっかく日焼け止めで紫外線対策を行っても、日焼け止め自体が肌にダメージを与えていては本末転倒になります。そのためお出かけする場所や時間によってPA値の違う日焼け止めを使い分けると良いでしょう。

《スポンサーリンク》

PA値の選び方

PA+
お散歩やお買い物などちょっとしたお出かけに。また、室内での紫外線対策にも良いでしょう。

PA++
野外での軽いスポーツやオープンテラスのカフェなどでくつろぐ時に。

PA+++
車の運転や、日中のデートなど外にいる時間の長いときに。

PA++++
山や海、プールなどへ出かけるときに。また、日焼け止めのこまめな塗り直しができない時など。

UVA波についてもっと詳しく!!

UVA波(紫外線A波)は、季節に関係なく一年中降り注いでいます。窓や曇も突き抜けてくるため、日差しのあるなしに関わらず室内でも油断ができません。

UVA波は、肌の奥にある真皮層まで浸透していきます。そして真皮層にあるコラーゲンなどの繊維を破壊していきます。壊された細胞は修復するためにメラニン色素を生成していきます。

正常な肌の状態では、肌がターンオーバーを繰り返すため2週間程度で肌は元の通りに戻っていきます。

しかし加齢などによりターンオーバーがスムーズに行われない場合、紫外線によってダメージを受けた肌はシミやしわ、たるみなどを引き起こします。

肌の状態を常に健康に保つことはもちろんですが、シミ、しわ、たるみを防ぐには紫外線からしっかり肌を守ることが重要です。

さいごに

肌を老化させないために日頃から紫外線対策を徹底して行っていきましょう。

また、日焼け止めを選ぶ際はPA値、SPF値を確認し、用途に合わせた値のものを使用していくようにしましょう。

みなさん最後までお読みいただきありがとうございました!

引き続き紫外線に負けずに美しい肌を作っていきましょーう^^

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    日焼け止めのPAの意味とは?

このページの先頭へ