フレンチネイルをセルフで簡単に作る方法!


2572

フレンチネイルは清潔感があって、デートのときにも使えますよね♡

フレンチは一見難しそうだけど、慣れれば簡単に自分でもできちゃうんです!

という訳で今回はフレンチネイルをセルフで作る方法について紹介しまーす!

《スポンサーリンク》

フレンチネイルをセルフで作るために必要なもの

・下地のネイル
フレンチのベースになる肌色の部分のマニキュア。色は透明でもベージュでもお好みの色を用意しましょう。

・フレンチ部分のネイル
フレンチ部分の色のマニキュア。白がスタンダードですが、赤やネイビーなどにしても可愛いです。

・トップコート
仕上げに塗ります。フレンチは爪の先端にマニキュアがのるデザインなので、剥がれてしまうと残念な印象になります。トップコートをしっかり塗ることで、ネイルが剥がれることを防ぎます。

・穴あけパンチで穴をあけたところに貼るシール
100円ショップなどに売っているドーナッツ型のシールです。真ん中に穴が空いていて穴あけパンチで開けた穴から紙が破れないように防止するためのシールです。

・絆創膏
角張っているものではなくサイドがアーチ状のものが良いです。これでフレンチのアーチを作るので自分の爪のサイズに合ったサイズを選びましょう。穴あけパンチで穴をあけたところに貼るシールだけで10本の爪がサイズ的に収まる場合は必要ありません。

・(おまけ)フレンチラインのネイル
フレンチのラインにゴールドやシルバーのラメを入れたい人は用意しましょう。その場合は筆が細いタイプが塗りやすいです。

・(おまけ)ストーンやシール
フレンチネイルの上にストーンやお花など何かのせたい人は合わせて用意しましょう。より華やかな印象になります。

《スポンサーリンク》

フレンチネイルを簡単に作る方法

さきほどの道具を使って、早速フレンチネイルを作っていきましょう!下の動画を見ながら作っていきましょう!

1:下地のネイルを塗ります
塗ったあとは必ずしっかり乾かしましょう。ちゃんと乾いたことを確認してから次のステップへ進んでください^^

2:穴あけのシール又は絆創膏を爪に貼ります
好みのフレンチの幅を決め、ベストのところにシールを貼っていきます。付ける場所によって逆フレンチをすることも可能です。そしてシールも絆創膏も粘着性があるので貼る前に指の腹などでペタペタして粘着力を少し弱めてから貼りましょう。

3:フレンチ部分のネイルを塗ります
シールを貼ったところから上の部分にフレンチ部分のネイルを塗っていきましょう。

4:シールを剥がします
シールは完全にフレンチの部分が乾く前に剥がしましょう。

5:(お好みで)フレンチラインやストーンなど付けましょう

6:トップコートを塗って完成です

さいごに

シールをストックしておけば、いつでも簡単にフレンチネイルが自宅でできますね。

白に飽きたら、他の色でもぜひ挑戦してみてください。

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました♡

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    フレンチネイルをセルフで簡単に作る方法!

このページの先頭へ