歯のホームホワイトニングは痛いよ〜【美容ブログ】


mag

ホワイトニング週間に入るべく、今日はストローを買いにいきました♡

わたしはホワイトニングをはじめてかれこれ7年くらい経ちます。

周りもわたしがホワイトニングをしているのを知っているため、度々ホームホワイトニングの相談を受けます。

その中でも「ホワイトニングって痛い?しみる?」と聞かれることが多いので、今回はそのお話をしていきたいと思います!

《スポンサーリンク》

ホームホワイトニングについて

ホームホワイトニングって何!?という人もいると思うので、まずはホームホワイトニングについて説明します。

ホームホワイトニングは、マウスピースとホワイトニング剤を使って歯を白くするホワイト二ング方法です。

歯医者さんで自分の歯型のマウスピースを作ってもらい、そのマウスピースにジェル状のホワイトニング剤を塗って歯に装着します。

毎日数時間マウスピースを装着すること(2週間くらい)で、だんだん歯が白くなっていきます。

歯のホームホワイトニングは痛い?

ホームホワイトニングは痛いときもあります。

わたしの場合はマウスピースをしながら寝ているので、だいたい6〜8時間くらい装着しています。

始めの2、3日は問題なくとも、一週間目くらいから痛くて飛び起きることもあります。

痛みが起きたらすぐに外し、歯磨きをして歯についているホワイトニング剤を落とします。

マウスピースを外せば痛みは落ち着くので、痛みに関してそこまで心配する必要はないと思います。

ホームホワイトニングが痛い場合は…

ホワイトニング中に”痛いな”と感じたら、すぐに外すことが大切です。

痛みを我慢してまでやる必要はありません。

歯医者の先生にお伺いしたところ、ホームホワイトニングは長い期間に渡って行う方が効果が高いとのことでした。

つまり1日に6時間を4、5日で終わらせるよりも、1日2時間を2週間行った方が歯が白くなるということです。

ホームホワイトニングは自分に無理のない程度で行っていきましょう。

《スポンサーリンク》

ホワイトニング中に気をつけること

ホームホワイトニングを始める際は、ストローの準備も忘れずに!

ホワイトニング中は、普段以上に歯が着色しやすい状態になります。

そのため色の濃い飲み物や食べ物(コーヒーやワイン、カレーなど)は、なるべく避けるようにしてください。

※詳しくは『ホワイトニング中にコーヒーは飲んでいいの?』の記事で紹介しています。

わたしは我慢できないので、ホワイトニング中はストローで飲んでいます。

みなさんもホワイトニングと飲み欲?を両立したい場合は、ストロー戦法で攻めてみてくださいね!

さいごに

ホームホワイトニングは、マウスピースを外した後も歯がしみます。(個人差有り。)

わたしの場合は知覚過敏もあるので、ホワイトニング中は知覚過敏が強まります。

でも2、3日したら収まるので、問題はありません。

知覚過敏が強いときはホワイトニングを中断したり、マウスピースの装着時間を短くしたりと工夫しています。

わたしが使っているのは濃度が10%と低めのものなので、睡眠中(6〜8時間)に行う人に向いています。

しかし、歯医者さんが推奨している装着時間と自分の歯にとって良い装着時間は必ずしも合致しないので、自分の歯の状態をみながら、ホワイトニングを行ってみてくださいね。

ポイントは2週間続けることです。

毎日短い時間でもコツコツホワイトニングを行うことをゴールにして、歯を労わりながら歯を白くしていきましょう。

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

momo

東京在住の20代フリーライター。東京近辺の美容・エステ情報ならお任せあれ♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    歯のホームホワイトニングは痛いよ〜【美容ブログ】

このページの先頭へ