骨気と小顔矯正の違いは?私を小顔にしてくれるのはどっち?


211111

昨今は小顔になりたい女の子が増えています。

顔を小顔にする方法として”骨気”や”小顔矯正”があることはご存知でしょう。

しかし骨気と小顔矯正には具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は骨気と小顔矯正の違いについて詳しく紹介していきます!!

《スポンサーリンク》

骨気と小顔矯正の違いとは?

骨気と小顔矯正は、顔を小さくするという目的は一緒ですが、顔へのアプローチの方法や効果の持続性などに違いがあります。

主な違いは以下のようになります。

・効果の持続性
両者ともに継続することで小顔を維持することができますが、小顔矯正よりも骨気の方が持続性が高いと言われています。

・施術の値段
一回あたりの値段は小顔矯正よりも骨気の方が割高になります。

・小顔の限界
小顔矯正はむくんでいる部分の解消になりますが、骨気は骨の形を矯正していくのでより顔を小さくすることが可能です。

・アプローチの方法
小顔矯正は顔の筋肉やむくみに対してアプローチをかけますが、骨気は骨自体にアプローチをかけていきます。

以下により詳しく両者の特徴をまとめてみました。それぞれの特徴を比較し、自分に合った小顔法を検討してみましょう。

《スポンサーリンク》

骨気とは?

骨気は、顔の骨にアプローチをかけていく小顔法です。人の顔は大人になるにつれて骨と骨の間に老廃物が蓄積することで顔が広がっていきます。

骨に圧をかけることで老廃物を押し出し、骨の位置を戻していく作業が骨気になります。

その骨を戻していく過程で、理想の顔に近づくように骨の位置を調整していくことで小顔効果だけではなく整形並みの顔の形成効果を得ることができます。

目鼻立ちがくっきりとしたハッキリとしたお顔に近づきたい方などに特にオススメの施術です。

また、老廃物を押し出していくことで血流が良くなるため肌のくすみや肌の炎症などにも効果があるとされています。

効果は施術を受けてすぐに実感でき、持続性にも優れています。骨気を受け続けることで顔の大きさは小さくなっていくため別人級に顔の印象が変わる方もいるそうです。

小顔矯正とは?

小顔矯正は、顔の筋肉をもみほぐし顔のむくみを取っていく小顔法です。

顔の筋肉に圧をかけたり、もみほぐすことで、顔のむくみがなくなり本来の顔の輪郭を取り戻すことができます。

顔から太りやすい人や体がむくみやすい人がより効果を実感できる施術になります。

小顔矯正によってむくみは解消できますが、むくみ体質の方はまたすぐにむくんでしまうので継続が必要です。

即効性はありますが、持続性がないため、小顔矯正と共にむくまない体作りをする必要があります。

小顔矯正の効果は小顔になるだけではなく、むくみが取れることで顔にツヤが出て、若々しい印象を与えることができます。

継続して施術を受けることで、むくみのない顔を維持することはできますが、むくみが取れてしまったらそれ以上顔は小さくはなりません。

さいごに

骨気も小顔矯正も即効性がありますが、継続することが大切です。

繰り返し施術を受けることで徐々に顔に変化が現れます。

辛抱強く小顔を求めることで、いずれみなさんの理想のお顔を手に入れることができます。

モデル並みの小顔になって、全体的にも美しいバランスを作っていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    骨気と小顔矯正の違いは?私を小顔にしてくれるのはどっち?

このページの先頭へ