ファスティングダイエットの方法とタバコなどの注意事項


4231

ハリウッドセレブから火がついたファスティングダイエット。

早速実践されている方も多いと思います。ファスティングダイエットは、行う際に守らなければいけないルールがいくつかあります。

そこで今回はファスティングダイエットの方法とタバコなどの注意事項について紹介します!

《スポンサーリンク》

ファスティングダイエットの正しい方法

ファスティングダイエットは断食によるダイエット方法です。断食中に摂取するものは様々ですが、現在は水と酵素ドリンクやスムージーのみを摂る方法が主流となっています。

数日間食事を断つことによって胃腸が休まるため、ダイエット効果だけではなくニキビなどの吹き出物の治癒にも繋がります。

しかしせっかくファスティングダイエットを行っても、正しいやり方で行わなければリバウンドしてしまう可能性もあります。精神的にストレスにならないよう正しい方法でファスティングダイエットに取り組んでいきましょう。

ファスティングダイエットを行うときに最も大切なことは、徐々に体を慣らすことです。減食期→断食期→復食期と食事量の加減に体がストレスを感じないように丁寧に行っていきましょう。

・減食期
いきなり断食をすると体が驚いてしまうので、ファスティングに入る前に食事量を減らしていきましょう。減食は断食をする日数分行いましょう。例えば3日間断食を行う場合、3日間食事の量を減らしましょう。普段の食事より量を減らし、ご飯などの炭水化物も腹6分から8分くらいにとどめておきましょう。

・断食期(ファスティング期)
水と酵素ドリンク、またはスムージーなど野菜を使用したヘルシーなドリンクのみで過ごします。飲み方にルールはなく空腹を感じたら水分を摂るようにしましょう。市販の野菜ジュースなどは糖分が高いものもあるため、飲み過ぎには注意しましょう。できればミキサーで手作りの野菜ジュースを作って飲むのがベストです。

・復食期
一食目はおかゆなど体に負担がかからないものから食べていきます。みそ汁、豆腐、野菜類など体に優しいものから食べていき、少しづつ通常の食事に戻していきます。急にステーキなどを食べると消化器官に負担がかかってしまうので気をつけましょう。復食の期間としては断食を行った日数分復食期を設けましょう。

ファスティングダイエットの期間

ファスティングはだいたい1日〜3日くらいを目安に行いましょう。週末だけファスティングダイエットに挑戦するなど、生活サイクルに合わせて実践してみてください。

また、断食を行った前後には必ず減食期と復食期を設け体に負担をかけないことも大切です。

週末にファスティングダイエットを行う場合、木曜と金曜は食事量を減らし月曜と火曜は胃に負担がかからない食事メニューにしましょう。

ファスティングダイエットは月に何度行っても良いですが、心身ともにストレスがかからない頻度で行いましょう。

《スポンサーリンク》

ファスティングダイエット中のタバコなど注意事項

ファスティングダイエット中は胃腸を休めている状態であるため、胃腸の活動は通常よりも弱まっています。この期間に胃腸に刺激を与えるものを体内に取り込んでしまうと、いつも以上に胃腸に負荷をかけてしまうことになります。

ファスティングダイエットの効果をきちんと得るためにも、胃腸に刺激を与えるものは控えましょう。

【ファスティングダイエット中の注意事項】

・タバコを吸わない

・コーヒーなどのカフェインを摂らない

・ビールなどのアルコール類を飲まない

・キムチなど香辛料が強いものを復食期に摂らない

さいごに

ファスティングダイエットを成功させるには、減食期から復食期まで丁寧に体を慣らす作業が必要です。

ファスティングのやり方に慣れてきたら、定期的に行い体をリセットするのも良いかもしれません。

夏が来る前に体のサイズを落としたい方はぜひ実践してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    ファスティングダイエットの方法とタバコなどの注意事項

このページの先頭へ