グルテンフリーダイエットで食べていいものは?


4322
モデルたちの中でも話題になっているグルテンフリーダイエット!

ローラも実践していることで有名ですよね。

でもグルテンフリーダイエットって何を食べてはダメで、何を食べていいのでしょうか。

今回はグルテンフリーダイエットで食べていいものについて調べてみました。

《スポンサーリンク》

グルテンフリーダイエットで食べていいもの

グルテンフリーダイエットは字のごとく、グルテンが入っている食べ物を摂らないダイエットです。グルテンは小麦や大麦、ライ麦などに含まれており、これらが使われていない食材は基本食べても大丈夫です。

・食べてもいい主食
米、そば、ガレット、ビーフン、春雨

・食べてもいい菜食
野菜、果物、豆類、とうもろこし、ゴマ、海藻、きのこ類

・食べてもいいおかず
肉、魚、卵、貝類、乳製品、

・食べてもいい甘味
ハチミツ、メープルシロップ、ナッツ、ガレット、和菓子

・飲んでもいい飲み物
“キリンのどごし生”などの第三のビール(麦芽を使用していないものに限る)

《スポンサーリンク》

グルテンフリーダイエットで食べてはいけないもの

・食べてはいけない主食
パン、ラーメン、うどん、そうめん、スパゲッティ、マカロニ、ピザ、シリアル、焼きそば

・食べてはいけないおかず
餃子(餃子の皮がNG)、揚げ物、天ぷら、フライドポテト、シチュー、カレー

・食べてはいけないデザート
ケーキ(スポンジがNG)、ホットケーキ、クッキー、ドーナッツ、スコーン

・飲んではいけない飲み物
ビール

・使ってはいけない調味料や成分
醤油、酢、香味料、人工着色料、アミノ酸液

グルテンフリーダイエットを成功させる秘訣

日本人が古来から食してきた和食は、ほとんどがグルテンフリーダイエットで食べてもいい食材に当てはまります。

グルテンは私たちの生活を見渡すと多くの食材に含まれています。

そのためグルテンの摂取をゼロにすることは至難の業です。和食に必須の調味料である醤油までグルテンが含まれているのですから!

グルテンフリーダイエットを成功させるには、ストイックに食べる食品を制限するのではなくグルテンが含まれている食品を摂りすぎないようにすることが秘訣です。

食べれないものばかりでストレスになってしまってはいけません。ストレスが引き金となって食欲を増進させてしまうこともあるのです。

食欲増進作用があるからとグルテンを除いても、ストレスで増進させていたのでは元も子もありません。

グルテンは主に小麦粉、大麦、ライ麦などに含まれており、中毒性があります。そのことを頭に入れ、グルテンの含まれている食品に少し気を配ってみる位がちょうど良いかもしれません。

さいごに

ここで挙げたグルテンフリーダイエットで食べられるもの、食べられないものは、ほんの一例です。

肉は大丈夫だけどハンバーグにして小麦粉を使用していたらダメなど、調理方法によってもNGになる食べ物もあります。

グルテンの含まない食材を選別するのに至難な故、時勢に合わないダイエットかもしれません。

しかし、このダイエットによって痩せた人、肌がキレイになった人、メンタルが向上した人など良い作用が起きた方もいるそうです。

挑戦してみたい!という方はぜひ実践してみてくださいね^^

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    グルテンフリーダイエットで食べていいものは?

このページの先頭へ