ダミエアズールは汚れやすい【汚れ落としの方法について】


lv2

ルイヴィトンのシリーズの中でも人気が高いダミエアズール。

ダミエの中でもアズールは白を基調としているので、女性のみなさんは手に取りやすいかと思います。

しかし、そのダミエの”白”がクセモノなのです。

今回は『ヴィトンのダミエアズールは汚れやすいのか、そして万が一汚れが付いてしまった時の落とし方』について調べてみました!

《スポンサーリンク》

そもそもダミエアズールは汚れやすいの?

単刀直入に申し上げますと….YESです。

特に財布などの場合は、頻繁に手に取るため、手垢などがつきやすいそうです。

また、太陽光などに長時間当たっていると白地の部分がだんだんと黄色く変色していきます。

そのため、普段の取り扱いはもちろん保管方法にも気を配ることが大切です。

予防策としては、防水スプレーをかけておくことで汚れや変色を抑えることができるそうです。

↓ドイツの皮革手入れ用品の世界ブランドです。有名ブランドにも数多く使用されているため、ルイヴィトン製品でも安心して利用できます。

もしダミエアズールが汚れてしまったら?

お持ちのダミエアズールが汚れてしまった場合、バッグ修理の専門店やルイヴィトンに持ち込んで相談してみることをおススメします。

しかし自分で対処できることもあるので、そちらを試してみてからプロに任せるというのも一つの手です。

※ルイヴィトンは高級ブランドです。汚れを落とす際は自己責任で行いましょう。

【素材を確認しよう】

ダミエアズールの素材の表面は塩化ビニールです。

合成皮革に塩化ビニールが貼られ、その上にプリントされています。

そして財布の場合は内側、バッグの場合は持ち手の部分が牛革になります。

もしダミエアズールが汚れてしまったら、それぞれ汚れた場所の素材に合った方法で汚れを落としましょう。

【汚れの落とし方】

その1:ルイヴィトンが推奨している方法

柔らかい布に中性洗剤を染み込ませ、優しく拭き取る。

※ジョイなどの食器洗剤が中性洗剤にあたりますので、ご自宅の食器用洗剤で試してみてください。

その2:コロニルが推奨している方法

レザーソープを柔らかい布に取り、汚れをふき取る。

その後防水スプレーをかけ、少し乾いてきたら柔らかい布で磨く。

《スポンサーリンク》

さいごに

『コロニル』という世界的に有名な皮革手入れ用品店が、ルイヴィトンやエルメスをはじめとする高級ブランドのメンテナンス方法を紹介してくれています。

また、メンテナンスに必要な品々も取り揃えているので、ぜひ一度『コロニル』のサイトで汚れの落とし方を確認し、正しいやり方で汚れを落としていきましょう。

※『Collonil/コロニル』のホームページはこちらです。

また楽天市場では、ルイヴィトン製品用のメンテナンスグッズが揃ったものも販売されています。

ご自宅にルイヴィトン製品が多い人は、こういうセットを買っておくと後々便利かと思います。

物も大切に使ってあげることで、長く使用することができます。

ぜひ小まめに汚れを落とし、キレイな状態を保ち続けてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    ダミエアズールは汚れやすい【汚れ落としの方法について】

このページの先頭へ