米麹の甘酒の作り方!炊飯器で簡単に作れます!


572

甘酒は簡単に摂れる美容ドリンクです。

特に米麹から作る甘酒は、こちらの記事で紹介したように肌や髪への美容効果が高くダイエットにもオススメです。

家の近くに甘酒が売っていない!という人も大丈夫です。炊飯器があれば甘酒はカンタンに作れちゃうんです!

という訳で今回は米麹から作る!甘酒を自分で作る方法!について紹介します。

《スポンサーリンク》

米麹甘酒を作るために必要なもの

この分量で1リットル分の甘酒を作ることができます。

【道具】
・炊飯器
・温度計
・フキン
・竹ザル(お持ちであれば…)

【材料】
・水 400cc
・もち米(お米でもOK)1合
・乾燥米麹 200g

米麹は楽天でも購入することができます→こめ麹200g(国産米使用)

《スポンサーリンク》

炊飯器を使った米麹甘酒の作り方

材料を用意したら、早速甘酒を作っていきましょう!下の動画を参考にしながら、作っていきましょう。

:お米を洗って炊飯器にセットします
炊くときの水の量はお米の量の2倍にしてください。1合のお米で作る場合は2合の目盛りのところまでお水を入れましょう。

:炊きあがったら内釜だけ取り出し、水を1カップ(200cc)加えて混ぜ合わせます
混ぜながらお米の温度を下げ、温度計で温度を確かめながら60度位まで冷ましていきます。

:米麹を加えて混ぜていきます

:残りの水(200cc)を加えていきます
このとき加える水は少し温めてから入れてください。

:内釜を炊飯器に戻し保温していきます
このとき蓋は閉めずに開けた状態で保温していきます。蓋を閉める替わりに竹ザルを乗せ、上からフキンをかぶせていきます。甘酒の温度は50〜60度前後に保つようにしましょう。

:2〜3時間ごとにかき混ぜましょう
温度を度々確認しながら、かき混ぜていきます。50〜60度に保つと米麹の甘さがどんどん出てきて美味しい甘酒を作ることができます。温度が高くなりすぎたら、よくかき混ぜてください。低すぎた場合は炊飯器の蓋を閉めて温度を上げていきましょう。

:8時間経ったら、炊飯器から取り出し冷水で冷まします
冷水を入れたボウルにお釜ごと浸けて、急速に冷やしましょう。

米麹甘酒の保存方法!

甘酒を作ってもすぐに飲みきれないという場合もありますよね。そういう時は加熱処理をして保存しましょう。

甘酒を鍋に移し、焦げないように気をつけながら80度くらい(沸騰直前)の温度で5分ほど温めていきます。温め終わったら、消毒した容器に移し完成です。

この流れで保存処理を行うと冷蔵庫で10日間、冷凍庫で一ヶ月ほど保存することができます。

さいごに

甘酒は、炊飯器があればお家ですぐにでも作ることができます。

温度を50〜60度にきちんと保つことが、甘酒の甘さの決め手になります。

甘酒を保温するときは温度調整に気をつけて、美味しい甘酒を作りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    米麹の甘酒の作り方!炊飯器で簡単に作れます!

このページの先頭へ