アメリカ人は銀歯をしない?アメリカの銀歯事情について


4321

歯を治療されている人の中には、銀歯にするか白い歯にするか悩まれている方もいると思います。

銀歯だと保険がきくけど、やっぱり値が張っても白い歯は魅力的ですよね。

海外規模の美人を目指して?日本だけでなく海外の銀歯事情について知っておくことも白い歯にするかどうかの判断材料になるかと思います。

そこで今回はアメリカ人は銀歯をしない?アメリカの銀歯事情について調べてみました。

《スポンサーリンク》

アメリカ人の銀歯事情

アメリカを代表とする先進国では、白く美しい歯はステイタスになります。

そのため銀歯や金歯だらけの歯をしていると、お金がなくて貧しいのかなと思われてしまいます。

お金があったらまずは歯に投資するのが常識なので、アメリカやヨーロッパの男性は日本の女の子がシャネルやヴィトンを持ちながら銀歯だらけであることを不思議に思うようです。

<span class=”box-yellow”>アメリカの歯科治療においても虫歯の被せものに銀歯を使うことはありません。アメリカ人は定期的に歯医者に検診を受け予防に努めているため、小さい虫歯を白いレジンで被せて終わりという流れが多いようです。

日本では白い歯は保険適用外になる事が多く一本でも数十万の費用がかかるケースがありますが、アメリカでも歯科費用は日本並み又はそれ以上のコストがかかります。

ましてや日本ほど国の保険制度が整っていないため、歯を抜くだけでも数十万かかります。

アメリカでは美しい歯をしているかどうかで人に対する印象だけでなく仕事にも影響するため、高いお金を払ってでも白い歯を目指すのです。

《スポンサーリンク》

アメリカ人の歯への考え方

アメリカでは、歯の美しさでステイタスが計られてしまいます。

歯の色だけではなく歯並びがキレイであることも大切なため、歯並びが悪い子は小さい頃に矯正を行うようです。

”歯並びが悪い=お金がなくて矯正できなかった”と思われてしまうため、アメリカ人の親は子供の歯並びが悪いと必ず矯正をさせます。

八重歯も日本ではカワイイと思われていますが、審美的にみてあまり良いものではないためアメリカでは嫌煙されています。

歯の美しさは社会常識として認知されているため、歯医者への検診もこまめに行くようです。

虫歯がなくても半年に一回は歯の検診に訪れ、虫歯を未然に防ぎ、美しい歯を維持しています。

さいごに

これからグローバル化がどんどん進み、世界の人たちとの交流もますます盛んになることが予想されます。

世界へ出ても美しい女(ヒト)でいられるよう、海外の歯への価値観も頭に入れながら歯科治療を行われると良いかもしれません。

この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

《スポンサーリンク》

The following two tabs change content below.

Miss Beautiful

キレイになりたい気持ちでいっぱいの美容ライター集団。20〜30代の美容に熱心な女の子たちが、素敵な情報を提供します♡

コメントを残す

計算の答えを入力してください 【必須】

サブコンテンツ

    アメリカ人は銀歯をしない?アメリカの銀歯事情について

このページの先頭へ